交通事故の対処方法 知人が物損事故を起こしました現在競技

交通事故の対処方法 知人が物損事故を起こしました現在競技。①過失割合を決めるのは当事者です。知人が物損事故を起こしました
現在競技中だそうで話を伺ったのですが割合やお金のことで気になったことが数点あります
今後のために知っておきたいです 場所:スーパーの広めの駐車場内での物損事故 通路は乗用車2台が余裕ですれ違える広さ 時間は朝
加害者知人:セダンタイプの乗用車 ハザードを点けて駐車中、一旦バックで白線内に停めたあと、位置を修正するため前方白線の方まで前進(頭が少し入った位) 後方不確認で再度バックしたところ、右方から進入していた被害者車とぶつかる 一連すべて徐行速度 右側後方に5センチほどのかすり傷
被害者:軽ワゴン 右方から駐車場内に進入 加害者が前進後、後ろを進行しようとしていた バックしていることに気が付きその場で停止しクラクションを鳴らすも間に合わず、右側前方角がぶつかる 傷は合計10センチほど
現在の状況:双方日常的な運転には問題ないキズ すっちゃったんだな程度 知人は車を修理せず被害者のみ 軽ワゴンの見積もりは10万以下なので知人は保険を使わず自費予定 過失割合は知人8割:被害者2割 被害者は10:0を主張

このような状況の場合、以下はどうなりますか
①状況的には8:2だと思うのですが7:3や10:0になりますか ドラレコ、目撃者などはありません
②8:2の場合、2割側も保険を使用すると等級が下がりますか 自費で修理することは可能なのでしょうか
③自費修理が可能な場合、2割側は割合に応じた金額を振り込んでもらい、修理しないという選択が一番よい(お金だけ手に入る)と思うのですがいかがでしょうか
④知人はキズを直さないと判断しましたが、8:2の場合、
8割側も修理見積もりを出してもらい、10万円以上になっても自費を選択 実際は修理をせず、自分の車分で相手に支払う額を相殺
という方が手出しは少なくなりますか これは可能でしょうか

また聞きですので矛盾がありましたら申し訳ありません
どうぞよろしくお願いいたします 車を壁や車にぶつけたときの修理やお詫び?保険。車を運転中。駐車場であやまって隣の車にぶつけたり。住宅の壁などにぶつけ
たりしたとき。相手がいない場合でも慌ててしまいます。 本記事では。車を他人
の家の壁や。駐車場で隣の車にぶつけたなど。物損事故を起こしたときの対処法

栃木県。この事例では。約,万円の賠償が命じられました。, 自転車走行中の携帯電話
は自動車だけでなく年の道路交通法改正で禁止されています。 自転車利用者
が交通事故を起こし。相手にケガを負わせてしまった場合。物損事故は人身事故とどう違う。この記事では。物損事故と人身事故では保険や慰謝料。罰則などにどのような
違いがあるのか。物損事故を起こした時はどうしたらいいのかを解説します。物
損事故とは。運転中に何かを壊したり傷つけたりしてしまった場合のことで。人
への交通事故の対処方法。ライトハウス電子版アプリ。始めました日本ではどんな交通事故でも警察官が
事故現場に来ますが。アメリカ。特に大都市ではケガ人がいない。飲酒運転
でない場合などは当事者これは過失事故を起こした場合。相手の人身や車輌。
物損をカバーするものです。万が一。相手から訴訟を起こされ補償額を超えた
場合に適用されるものだ。⑥ 相手への対応警察のレポートの控えがある場合は
不要だが。そうでなければ。相手側の連絡先や保険などの情報をお互いに交換
する。

酒気帯び。数値はミリの酒気帯び運転。人身でなく物損で相手にケガな 酒気帯び運転と
傷害で逮捕されました。昨年改正より厳罰化していると聞いていましたが。
知人が弁護士との話だと。略式でなく。起訴されているので罰金刑でお
恥ずかしい話なのですが先日無免許での酒気帯び運転にて当て逃げの物損事故を
おこしてしまいました。誠に反省しております。 自損でした。現在住んでいる
市町村外での事故です。 その後。検察庁にも行き裁判をして >今もし準備自損事故を起こしてしまったとき。自損事故とは。例えば。ブレーキとアクセルを踏み間違えて電柱に衝突して
しまった場合や自宅の車庫に自動車を停めようとしたら運転操作を誤って工作物
等を壊してしまった場合など。運転者が自ら単独で起こした事故のことをいい
ます。

①過失割合を決めるのは当事者です。当事者が保険会社に示談交渉を委任すると、保険会社は過去の判例をもとに1番近いケースの過失割合を提示してきます。特に駐車場内の事故は判例集に5パターンしか掲載されていません。保険会社の提示した過失割合に納得するかどうかは自身ちね問題です、納得しない場合は自身の主張を司法の判断に委ねることになります。②2割の金額がたとえ100円でも保険金を請求すれば等級ダウンします。2割の金額が50万円でも自己負担すれば等級に影響はありません。相手への賠償金と自らの損害金を自己負担するのは自由です。③自身の受け取る賠償金を何に使うかは勝手です。修理しない場合消費税を減額されることがあります④双方過失分の相殺清算は可能です。あんたには関係のない話。よって、気になる必要はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です