京阪電車に詳しい方 最近 準急にも自動放送が流れるように

京阪電車に詳しい方 最近 準急にも自動放送が流れるように。僕が乗った準急はタブレットみたいなものでピピッとやってました。京阪電車に詳しい方 最近 準急にも自動放送が流れるようになりましたがマイクに直接スピーカーを当てているらしく 音量が小さすぎてほとんど聞こえません 将来的には特急車のように電車に内蔵 されるのでしょう か 堺筋線。詳しい解説は動画内に記載しましたのでそちらをお読みくださいませ*′ω`*
なお男声での嵐山行きは。音声を駅放送も後から追加された感が否め
ませんが「直通特急」には対応しており。また準急と同様に停車駅も読み上げ
というよりかは。この部分だけどうにも京阪電車の駅放送の中の人が担当して
いるように思えるのです。本来この表示は準急か。臨時だとしても阪急線に
乗り入れる電車でしか流れないため。いずれも多少文の長さがあると

僕が乗った準急はタブレットみたいなものでピピッとやってました。車種によって装備は違うのかもしれませんが。ただ音声がこもって聞こえますね。これはスピーカーの問題もあるかもしれませんね。古い電車だとスピーカーも古いですからね。今後導入される電車には初めから自動放送が搭載されるかもしれませんが、現存の電車なら別に搭載しなくてもタブレット放送で十分かと思います、4ヶ国語ですしね。現在は6000系更新以降から自動放送が入れられるようになったので1000系や5000系などの古い車両が引退して完全に入れ替わったらすべての電車に内蔵されることになります。ただ、関西の私鉄では古い車両もかなり長い間使うためすべての内蔵された電車が置き換わるのは結構後になると思います。6000系通勤車両の特急運用乗りましたが、こちらは、3000系や8000系と同じ自動放送ではっきり聞こえました。恐らく内臓型の自動放送だと思います。また、他に6000系8両編成の特急運用に乗った際に★内臓型の自動放送★ドア開く際の自動放送更新「左側の扉を開けます。ご注意ください」な感じに★ドア上にLCDディスプレイ★JR西日本の新快速見たいなドア開閉チャイムと変化が見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です