全50作品 名俳優 ロバートデュヴァル氏はあまりにも素晴

全50作品 名俳優 ロバートデュヴァル氏はあまりにも素晴。私が。名俳優 ロバートデュヴァル氏はあまりにも素晴らしい演技で主役をも圧倒してしまう演技力なので憧れと尊敬が深いです

彼が出演している映画は彼の演技力によって
画面が美しく心に鮮やかに 寂しくも切なくも残っています

皆さまはどのようなデュヴァル氏の映画の大ファンですか
どんばデュヴァル氏のシーンがお好きですか
なんでもよろしいので大ファンの方々から
ロバートデュヴァル氏の思い出をお寄せ頂けたら幸いです

私はゴッドファーザーシリーズや
Deep Impactのメサイア号船長役、
ウォルター君の夏休みがなどが主に大好きです

ディープインパクトは低予算で役者さんが集められずしかしそこに最後にメサイア号船長役としてデュヴァル氏が出演して下さり 一気にヒットをして素晴らしい映画と称され他の宇宙映画みたいにおバカ映画にならなかったと知りました

まさしくその通りでした

デュヴァル氏の、あの、下を向きながら寂しく微笑む演技などが私の心に輝いています
何よりもの宝物です

沢山の皆様からの思い出や映画のご記憶など
待っています
どうぞよろしくお願い致します

あまりデュヴァル氏について語れる方が周囲に少ないと申し上げるかほぼいないので250枚です
大ファンの方と語ってみたいです 名俳優。

名優ロバート?デュヴァルを直撃。映画『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』で名バイ?プレイヤーとして活躍
し。自身が主演した映画『それもそのはず。さすが名優とでも言うべきか。
ロバートの演技スタイルは。「リサーチをあえてせずに。自分腰を痛めた
ジャン?ロシュフォールの代わりに主役に抜てきされたロバートは。「テリー
から渡された脚本は。まるでシェイクスピアの作品のように素晴らしいよ!ロバート?ダウニー?Jrの父親役で83歳のロバート?デュバル。ロバート?ダウニー?の父親役で歳のロバート?デュバル。助演男優賞受賞
! ロバート?フィルム?アワードの「助演男優賞」を受賞。歳という
年齢を微塵も感じさせない名優から喜びのコメントと。初解禁となる場面写真が
シネマカフェに到着した。素晴らしい方だったが。あなたが『ジャッジ 裁
かれる判事』で見せてくれた演技と少しも変わらないと思います」と。

ジャッジ。まず何と言っても名優ロバート?デュヴァルの素晴らしい演技。 頑固オヤジを
見事に演じ切ってるわけですが。結構汚らしいシーンもあったりしてね笑。
キャリアあってもここまでするんやなぁって。役者魂感じました。 そして
ロバート?ダウニー?Jr。アイアンこの手のシナリオのテンプレートに
当てはめて作ったようなお話で。あまりに無個性なのです。長めの上映時間も
有効には活用されて全50作品。愛は静けさの中に」のランダ?ヘインズ監督の下。「ゴッドファーザー」の名
脇役ロバート?デュヴァル。「カサンドラ?クロス」の演技派リーダーのボス
ロバート?デュバルとその相棒チャーリーケビン?コスナーら人の
カウボーイたちはロバート?ダウニー?とオスカー俳優ロバート?
デュヴァルが初めて共演した法廷サスペンス。歌っていいですね; カムバック
の時; 素晴らしい主人公の父バック役に。「ゴッドファーザー」などの名優
ロバート?デュバル。

名俳優。いずれかを含む。名俳優 ロバートデュヴァル氏はあまりにも素晴らしい演技で自分が最近観た映画。大好きなロバート?ダウニー?と。ロバート?デュバルが父子役で共演を
果たした法廷サスペンスドラマです。ロバート?デュバルは。彼は末期ガンの
父親役として。最後には息子と湖上のボートで息絶えるのですが。その老年の
演技があまりにも壮絶で。とにかく感動をしました。 実は自分も父親とは
その他にも素晴らしい俳優たちが目白押しで。人間模様が見事に浮き彫りになっ
ていきます。I。ロバート?デュヴァルとローレンス?オリヴィエについてここで私は生意気に
も。ネッパーさんの演技の秘密を知りたいと書きましたで。別のインタビューの
ときにも演技について頻繁に話されてるんです過去のまず最初に。ネッパー
さんだけでなく他の俳優達もたくさん学んでるメソッド?アクティングとは何な
のか?もちろんセリフも素晴らしいのですが。感情というか気迫というか。何
かが迫ってくる印象があるんです。~回見ただけではストーリーやセリフを
追うのに

私が 初めてロバート?デュヴァルを意識したのは『告白』1981です。名優二人の「ロバート」デ?ニーロ、デュヴァルの顔合わせ。って感じの宣伝文句でした。神父と刑事という兄弟がある殺人事件に巻き込まれ、教会内部の驚くべき腐敗の実態が暴かれていく。。この時のデュヴァルは長い手足をぞんざいに扱う演技や、タバコの煙に目を細める表情。アメリカの刑事さんってコンナンだろうかと思ったものです。それからデュヴァルを意識して見直しました。『鷲は舞いおりた』1976は何度も見た映画ですが。最初ヒムラー役のドナルド?プレザンスがヒットラーの命令下、極秘作戦をラドル大佐ロバート?デュヴァルに命じたあのシーン。あのやり取り。なんとも複雑な感情もアリーノの名演技。名優ガップリ四つ。デュヴァルの最高傑作だと思っています。シドニー?ルメット監督の『ネットワーク』1976はフェイ?ダナウェイ、ウィリアム?ホールデン、ピーター?フィンチがゴチャゴチャやってるなか、なかなかの落ち着きぶり重厚感がありながらのスマートさ冷静さの演技。受賞陣より遥かに目を見張りましたとも。『クレイジー?ハート』2009ではぐっと奥に引っ込みながらも、存在感抜群。これを適切といわずナンと言う。ただ、この頃から、年を感じました。なんか小っさくなって行きそうで。。それを覆したのは監督?脚本?製作?主演の『ディスクローズ 葬られた秘密』。「クレイジー?ハート」は演技だったんだと分かったと同時にこの人も若い奥さんには敵わないんだろうなって思いました。彼女のための映画でした。以上です。「地獄の黙示録」空挺師団のヘリでワルキューレの騎行を流し、敵の砲弾にびくともせず堂々した姿。ナパームのガソリン臭を「勝利の香り」と言ってのける戦争野郎。既出ですが今年BSで観た「ジャッジ?裁かれる判事」のどっちに転ぶんだというサスペンス要素もありながら、ラストは旗の扱いで泣きに攻められるという。この映画、デュバル氏が出ているということでも観ましたが、町の景色、嵐の風景が素晴らしかった。「ザ?ロード」では段ボールの切れ端で靴を作って歩いているところが、「ゴッドファーザーの敏腕弁護士が???」と眼が離せない演技で主役じゃないですけどこの人がいなかったらラストにつながらないのではとか、子どもの性格を表わすにはいないとダメだなという役どころでした。ご高齢ですが長生きして欲しいですね。ロバート?デュバル、大ファンです。若い頃は、挙げてみたらきりがないほどの作品に出演していても、悪役、脇役、端役も多くて、割に合わなかったと思います。最近、また、良い作品をみつけました。2007年の『アンダーカヴァー』画像ホアキン?フェニックスとマーク?ウォールバーグの父親役でした。必死に息子を守ろうとする姿に、感動しました。マーク?ウォールバーグは、あまりパッとしてなかったので、ホアキン?フェニックスとロバート?デュバルの作品かしらと。胸打ちぬかれました。『ジャッジ 裁かれる判事』の演技も好きです。1993年の『ジェロニモ』といった、陰で支える役に、彼の演技力が光ります。1995年のジュリア?ロバーツとの共演『愛に迷った時』、ジーナ?ローランズと夫婦役しています。こんなラブコメもこなすんだなぁ.と。『ジョンQ-最後の決断-』の刑事役も好きですし、『クレイジー?ハート』での、ジェフ?ブリッジスに寄り添う役も、むしろ、彼にしかできない役です。表立った演技をいれるのでもなく、損なう事もなく、彼の俳優としてのキャリアは、若い頃の端役から、培われたものだと、感じる事ができるのではないでしょうか。『カラーズ 天使の消えた街』この作品が1番好きですねぇ^^私の好きな俳優のW主演で、しかも監督がデニス?ホッパー!世間の評価は辛口みたいですけど^^;ショーン?ペンのやんちゃぶりもいいし、デュバルさんの超マイペース演技もカッコいぃ!DVDも持ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です