北極と南極 南極の資源を採掘する権利をどこの国も保有しな

北極と南極 南極の資源を採掘する権利をどこの国も保有しな。毎年ドライアイスを氷雪深くに埋設する事を義務付ければいいんじゃない。南極の資源を採掘する権利をどこの国も保有しないという条約があるのに地球温暖化を建前にして研究者が南極で熱いコーヒーを飲むことにより観測地点の氷が解けているのは、条約違反なのになぜ加盟国は、 それを犯罪として立法化しないのですか
観測者が暖を取るために40度以上のお湯を作るべきでは、ない
観測者なら自分の観測が研究対象に影響を及ぼさないように最大限の我慢と負担を負うべきであり、
暖を取りたかったら南極を離れてとるべきだ 極寒の地が熱い。将来的に。南極大陸の広大な土地が特定の国家や個人。組織の領有するところに
なる可能性はあるのだろうか。権が主張された結果。年には「南極条約」
が制定され。現在まで政治的な中立地としてどの国の領土にも属さない状態が
続いている。ここには。対立を生みやすい「領有権」「軍事基地」という
トピックを避け。国際協力の得られやすい環境南極の環境や生態系の保護。
そして鉱物資源の採掘などを禁止する「南極条約体制」が構築されて現在に

南極条約?環境保護に関する南極条約議定書。南極条約は南緯度以南の地域に適用され,以下を主な内容とする。か
国は,南極条約協議国と称され,南極条約に基づき定期的に南極条約協議国
会議以下「協議国会議」という。さらに,特定問題に関し特別会合を開催し
,「南極の海洋生物資源の保存に関する条約」,「南極あざらし保存条約」等を
採択してきている。と,領土権を主張しないと同時に他国の主張も否認する国
ノン?クレイマント。 米国,ロシア,我が国,ベルギー,南アフリカ等が
ある。動き出した宇宙資源開発ビジネスと法整備制度。地球外の資源開発に向け。米国をはじめとする複数の国々が法的枠組み作りに
着手した。日本を含む104カ国が批准した1967年発効の宇宙条約は。地球
外の天体の領有権を否定しているが。そこから取得した資源については規定して
お…書では。月面探査や小惑星の資源採掘活動等を米国連邦航空局が
統括すべきとの旨が報告されている。宇宙の環境保護という場合。有害物質
により宇宙または地球の環境を改変しないという観点のみならず。また

北極と南極。今回は北極や南極の天然資源について。国際法や条約を踏まえつつ。資源開発の
現状や開発に伴う環境汚染問題に至るまでしかしながら。各国が資源の所有権
を主張すればそれこそ大規模な紛争へと発展しかねません。領土権が凍結され
ているということは。氷床はもちろん周辺海域に眠る資源も”誰のものでもない
状態”なのです。ただし。どの国でも北極開発が自由に行えるわけでは
ありません。度分以上に位置する土地については領土権も凍結済み。

毎年ドライアイスを氷雪深くに埋設する事を義務付ければいいんじゃない!CO2も固定されるし氷雪温も下がりまっせ^_-そうは思いません。基地が出す熱は観測温度を変えるほど大きくはありません。昭和基地の気温は横ばいのままです。「観測地点の氷が解けている」は事実と違います。昭和基地はもともと夏に地表が露出する場所です。氷床上ではありません。→温暖化対策をやるんならば、南極大陸陸地へ入るなああ!!でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です