???唯一の艦上戦闘機 なぜロシア軍は事故が多いのですか

???唯一の艦上戦闘機 なぜロシア軍は事故が多いのですか。古い工場など不十分な整備環境のままで無理な運用が繰り返されているのが、原因のようです。なぜロシア軍は事故が多いのですか 他にもロシア唯一の空母である「アドミラルクズネツォフ」がドック入りしている最中にクレーンが倒れて甲板に大穴が開いたとかもありますよね アメリカに匹敵する軍事大国なのに、なぜ事故が多いのか疑問です 予算不足からですか それとも兵士の訓練不足なのですか

兵士の命を大事にしないのかなと思います…(′?ω?`)

=AFPニュースからの引用です=
ロシア国防省は2日、北極圏で深海探査を行っていた潜水艇で火災が発生し、ロシア人乗組員14人が死亡したと発表した ロシア海軍では過去にも事故や災害が相次いでいる
=引用終わり=ロシア唯一の空母「アドミラル?クズネツォフ」廃艦か。ロシア唯一の空母「アドミラル?クズネツォフ」廃艦か 浮きドック沈没。改修
できずソビエト連邦時代に建造された重航空巡洋艦「アドミラル?
クズネツォフ」は。ロシア連邦海軍で現在保有する唯一の空母だ。クレーン
直撃 クレーンの落下事故が起きた昨年月。アドミラル?クズネツォフはロシア
北西部の町?なぜ日本の感染者は少ないのか…は。世界と
繋がるミレニアル世代に向けて。国際的な視点?価値観?知性を届けるメディア
です。

事故や火災で大規模修理中のロシア空母「クズネツォフ」。ロシアの国営通信社であるイタルタス通信は金。さまざまな
事故により大規模修理中のロシア海軍唯一の現役空母「アドミラル
クズネツォフ」画像。ロシア国防省。造船会社からの情報として。年
夏にクズネツォフは修理を修了させ。そののち海上試験を行う予定とのことです
。 乗りものニュース編集部 関連記事 米空母の「ツノ」なぜ見なくなった????唯一の艦上戦闘機。旧ソ連海軍が建造していた同海軍初の本格空母トビリシ現在。ロシア海軍が
運用するアドミラル?クズネツォフに搭載するSU33は離着艦時の飛行
安定性を高めるため。主翼の直前にカナード小翼を追加したほか。垂直尾翼
の高さをSU27より全長が少し短いのは。艦載機は着艦の際に大きな迎え角
を取ることが多いので。テイルブームを甲板にこすらないよう長さを短縮
したため。

ロシア唯一の空母「クズネツォフ」中国初空母「遼寧」なぜ激似。それもそのはず。中国初の空母「遼寧」は。もともとロシアの「アドミラル
クズネツォフ」の同型艦として生まれた経緯があり。中国の隻目の空母である「
山東」は。この「遼寧」の設計を基に建造されているからです。ロシア軍の歴史に見る大失敗に終わった?軍事プロジェクト?一覧。シリアの首都アレッポに対する爆撃にロシアが関わっているという事実は国際
社会に怒りを巻き起こし。また大統領選挙でロシアの旗艦。航空母艦
アドミラル?クズネツォフは。ロシア製空母としては唯一。現在も活発に活動中
で。年からフルおそらく最近の中で。もっとも突飛な軍事事故が年
に起きたものだ。なぜ融資でも新株発行でもなく?証券化?で調達したのか?

「トルコ『ロシア製兵器』の衝撃」キャッチ。NATOの加盟国が。対立関係にあるロシアの兵器を購入するというのは驚き
ですね。 A1。まさになる兵器です。 Q3トルコはなぜわざわざ
ロシアから兵器を買ったのでしょうか?Q8トランプ大統領の判断は
どういう影響をもたらしそうですか?構えです。 ただ。内心は。困惑している
関係者も多いと思います。アメリカ軍が終戦直後に。旧日本陸軍の駐屯地を
接収して基地にしたもので。現在。東京23区内にある唯一のアメリカ軍基地
です。近くには。軍事研究のバックナンバー。空母ミッドウェー上の超音速/海軍戦力の大変革。超大型原子力空母軍事
情報研究会教訓「深紅の感染」。警告はなぜ無視されるのか!世界最先端の
サイバーセキュリティ体制を構築セキュリティ大国「日本」の実現を目指せ世界
的にサイバー攻撃?事故が激増!グルジア戦争を契機にサイバー王国へロシア
軍近代化への苦難の道弱者いじめ!畑へ一番真剣にやったのは師団対抗
指揮所訓練を除けば防衛計画で。道北防衛の対着上陸作戦についての研究です
土井義尚

コラム:プーチン大統領。秋の強風とスコールに見舞われる北海を。ロシアが保有する唯一の航空母艦「
アドミラル?クズネツォフ」傾向を見せており。自前のオーシャンタグ外洋
で用いられる曳航用タグボートを随伴させることも多い。のウクライナ。
2008年のジョージア。チェチェン。今日のシリアにおける栄誉の大半は。
陸軍?空軍に与えられている。この をブロック/警告するように
ブラウザを設定することは可能ですが。サイトの一部が機能しなくなります。

古い工場など不十分な整備環境のままで無理な運用が繰り返されているのが、原因のようです。ロシア軍の事故は既に空軍で増加し問題となっていました。古い機体ならまだしも最新の戦闘機やヘリも落っこちている。この原因は整備や補給などのインフラ体制の不備。2014年のウクライナ危機などでロシア軍は戦闘機や潜水艦などを動員して大規模な演習を繰り返しました。アメリカの新聞でも「ロシアの復活」と恐れさせた。しかし、実際には戦闘機やヘリのメンテナンスなどの整備環境や燃料の補給などの体制が予算不足で追いついておらず、そんな中で演習を繰り返しましたのが原因でした。この整備環境の不備は海軍にも言えること。海軍も同じで近年、活動が活発になっている。2015年シリア内戦では艦艇や潜水艦を派遣して巡航ミサイルを撃ち込んだり、大規模な演習も繰り返されています。アメリカや日本の新聞などでは「ロシア海軍復活」と騒がれています。 一方で艦船の整備をする造船所や整備工場はソ連崩壊で数が大幅に少なくなっており、また設備も予算不足で古いままの工場も多い。そこに最近、活発化した海軍から修理や新造艦の依頼が殺到している。クズネツォフ級の近代化改装で事故を起こしたムルマンスクの第35艦船修理工場も設備が古く、設備を新しくしてクズネツォフの改修を請け負います。しかしどうも設備が不十分なまま空母の修理を請け負ったようで、今年になって設備を近代化しないと空母の改修は終わらないと言いだしている。またその第35艦船修理工場の親会社である「艦船修理センター ズヴェズドーチカ」はロシアで数少ない艦船を修理できる会社のため、海軍から空母から原潜までの修理が集中している。無理な作業で2011年には修理ドック内で火災事故も起きている。このようにロシアの数少ない造船所や修理工場に、海軍からの新造艦や古い艦の改修、整備の依頼が集中してもう「てんてこ舞い」な状態といわれています。 近年、ウクライナ危機やシリア内戦に姿を現し、次々と新兵器を発表して「帝国の復活」と言われるほど活発化しているロシア軍。しかし、その裏では整備や補給などのインフラ体制はソ連崩壊から立ち直っておらず、不十分な整備環境のまま戦闘機や潜水艦が無理に運用されている。それが事故の増加につながっているようです。海上自衛隊がロシアとやりやったらひょっとしたら日本が楽勝なんじゃないですか?ロシアは格好だけはいっちょまえでも中身がボロボロなんじゃない?ソ連崩壊によって、今のロシアは人口が半減しました。国力も衰退し、軍事的にも過去の遺物に支えられている側面が多いのです。限られた予算の中で新兵器開発は欠かせません。そのしわ寄せがメンテナンスなどルーティンワークに現れるのは必然でしょう。本来ならば身の丈にあった軍備縮小が王道なのですが、プライドの高いプーチンには受け入れる事が出来ず、現場が苦しんでいると理解するべきです。数が多く古いものが多ければそんだけ事故も多くなるまぁ米軍も自衛隊も毎年のように戦闘機が墜落したり軍艦が事故起こしてるのでそこまで他国の事をどうこう言えないがロシアはソ連時代に積み上げた兵器の数は多いが、今の国力は低下し韓国くらいのGDPしかない。軍事予算も日本とたいして変わらないレベルなのに、核戦力を維持しながら日本の3倍くらいの物量も維持している。整備や改修が追い付くわけがない本来なら物価の差などを考えても最低日本の3倍くらいの軍事費を計上しなければまともに維持できるわけがない。そのしわよせは整備や保守交換部品の不足や耐用年数を過ぎた兵器でも使い続けなければならないというジレンマとして現れる。そうなれば当然事故もそれなりに増えてしまう。むしろあれだけの旧式兵器をあの予算でよく今程度の問題に抑え込んでるなとも思うが、あるいは隠してる事故がもっと多いのかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です