弁護士解説 55歳無職の旦那と離婚したい?生活保護を受け

弁護士解説 55歳無職の旦那と離婚したい?生活保護を受け。住居が『持ち家』でも生活保護受給は可能な場合はあるのです。【55歳無職の旦那と離婚したい?生活保護を受けさせたい】

54歳の自営業女性です
子ども2人は成人しています 旦那は5年以上前に大手企業を退職したあと、
就職できても1年も勤続していません

この数年間、本人の年収は大手企業時代の1/5~1/10以下です

ここ最近もやっと就職できたかと思ったら、
不満を言って数日で退職しました
この一年間は、年収100万円にも満たない状況です

本人も面接を受けてはいるものの
なかなか就職先は決まりません

仕事へのやる気がないことが
面接官に伝わるのだと思います

またろくに仕事していないにも関わらず、
ギャンブルや風俗などで浪費しています

それだけでなく、コーヒーやお菓子など
日常の無駄使いもやめません

わたしが見ていないすきに、
何度もお金を盗まれました

ついに先日、旦那は軽度の病で入院しました
普段は精神病の薬などを常用しています

旦那はメンタルが弱く、
「離婚したくない」と言っています

わたし自身の月収がここのところ下がっており、
もうこれ以上、旦那の面倒は見られない状態です

金銭面だけでなく、信用できない旦那と
一緒に暮らすことはストレスですし、
もう優しく接することも精神的に不可能です

今の理想の状態は、
旦那と離婚して縁を切り、
別居することです

しかしそれを実現するためには、
いくつかの問題点があります

1.住まいをどうするか

無職かつ病気の旦那が生きるためには、
生活保護を受ける必要があります

現状は、妻であるわたしと同居していて
なおかつ持ち家(ローン完済)です

そのため、旦那が

「今、家族で住んでいる持ち家を手放す」か、

もしくは「アパートへ引っ越す」か
どちらかを選択する必要性があります

ただし旦那は収入がないため、
アパートへの引っ越しは妻である
私の名義になるかもしれません

そうなると他人名義のアパートに住んでいる以上は、
「扶養者がいる」とみなされてしまい、
生活保護をスムーズに受けられない危険性も考えられます

もしくは今の持ち家から、
わたしと子供が出ていき、
旦那が持ち家にいる状態で
生活保護の相談員に相談する方が
いいかもしれません

似たような境遇の方で、生活保護を受けた方はいらっしゃいますか

その時の注意点などがあれば、伺いたいです

2.どのようにして生活保護を受けるか
現状で、旦那はどのようにすれば、
スムーズに生活保護を受けられますでしょうか

【離婚→妻のわたしが引っ越す→旦那は持ち家にいる状態で生活保護員に相談】

という流れもあると思います

このような状態で、旦那に離婚の話を持ち出して、離婚を成立させ、きれいさっぱり別れる具体的な手順を知りたいです

旦那は離婚する気がなく、うまく説得させる必要があります

似たような境遇の方がいらっしゃいましたら、ぜひ体験談やアドバイスをいただけますと、非常に助かります

何卒よろしくお願いいたします 生活保護が認められない事例まとめ。ここで言う収入には。働いて得た賃金の他。車や家など何かを売って得た収入。
相続したお金。保険金。年金。失業保険などの手当。退職金など。
ありとあらゆる収入を含みます。 最低生活費とは? 世帯収入が最低生活費以下で
なければ。生活

相談事例。実は。妻の母親なのですが。現在。歳。無職無収入。夫なし離婚。県営
住宅に一人暮らし。年金はかけていないので将来受給することができません。
現在は。私の世帯から万円。妻の妹別居。独身が万円生活費として渡し
ています生活保護を受ける条件は。働いていても同居する家族と合算した収入額が最低生活費を下回る場合は。保護
対象として認められます。 生活保護の収入条件 他にも持ち家や車を売却した
お金。扶養義務者からの贈与。年金。保険金弁護士解説。萩原 達也 ベリーベスト法律事務所。代表弁護士の萩原 達也です。 国内最大級の
拠点数を誇り。クオリティーの高いリーガルサービスを。日本全国津々浦々にて
提供することをモットーにしています。 また。中国。

熟年離婚を考えている人は要注意。Aさんは結婚適齢期に親の勧めでお見合いをし。自営業の夫と結婚をしました。
夫との間には人の子供が生まれ。ごく普通の生活を送っていたのですが。Aさん
が歳?年金分割?熟年離婚は99%やめたほうがいい。離婚しても。夫の年金を分けてもらえば生活はなんとかなる……」数年前に
ブームになった「熟年離婚」という言葉も。今やだいぶ定着してきました。専業
主婦でも年金を分割してもらえば。「嫌な夫とは別れて。ハッ…48歳専業主婦「離婚したいけど。しかし。子どもが年子だったので手がかかり。仕事もしていなかったため。離婚
後の生活がどうなるのか不安です。 収入は。お小遣い稼ぎのために年間~万
円程度のパートをしています。夫は歳。

熟年離婚したいけどお金がない。多くのケースでは離婚後に妻が生活に困らないように。夫が財産や慰謝料などを
支払うことになります。 離婚で分けるお金には。以下の5種類があります。 財産
分与; 慰謝料; 年金; 養育費; 婚姻

住居が『持ち家』でも生活保護受給は可能な場合はあるのです。たとえば農村部?山間部のような地域では、持家でも、生活保護を受給している事例は多いです。憲法25条では、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と言っています。ですから、最低限度の住居に住んでいれば、それを前提にして生活保護が受給できます。つまり、資産価値の低い家の場合は、そこに住んだままで生活保護受給が可能ということです。たとえば新築後30年以上のような場合は、建物が大きくても資産価値はゼロに近いです。ですから、実際上は土地の資産価値だけで判断することが多いです。●リバースモーゲージ『持家土地も含めて』の資産価値が高い場合は、生活保護ではなくてリバースモケージがお勧めの方法だと思います。持ち家土地も含めての資産価値を取り崩しながら、〔お金〕を受け取ります。たとえば、資産価値が5000万円だと仮定して、1か月に10万ずつを受け取った場合には、500月の期間で、資産価値がゼロになる、というようなシステムです。リバースモケージを使った場合でも、最終的には資産価値がゼロになれば、それを前提にして、生活保護申請すればよいのです。※※ ですが、もしも生活保護を申請したいなら、いきなり、役所に相談に行かないほうがよいのです。なぜなら、市役所?町村役場の生活保護の窓口は不親切な傾向です。生活保護申請の窓口で職員が『へ理屈』を並べて、生活困窮者に不快な体験をさせて、窓口に再来させないようにしている場合もあるのです。失礼な言い方かもしれませんが、多くの場合、生活保護を申請しようとする人々は法律も知らず、知恵も働かず、立ち回りも悪いことが多くて、役所の不親切な態度に負けてしまって、正式な生活保護申請をあきらめてしまうことになるのです。では、どうすればよいかと言えば、下記のような支援団体などで相談してから、その後、役所生活保護の申請窓口に行けばよいのです。生活保護問題対策全国会議法テラス日本司法支援センター.ここが、最も推奨したい相談機関ですが、無料の相談量での面談での相談は予約制で回数制限があると思います。簡単な質問だけなら、電話でも対応できると思います。あるいは、大きな病院に通院していて、病院に、医療ソーシャルワーカーMSWが配置されていれば、相談してもよいと思います。優秀なMSWなら、生活保護受給のコツ要領は心得ているだろうと思います。ですが注意点としては、MSWはピンキリだと思います。生活保護に詳しいとは限りません。医者にもヤブもいるし、優秀な人もいるのと似ています。,,,,,,お勧めの順序は、①支援団体などで相談↓②支援団体などのスタッフの同伴で役所生活保護の窓口に行く。↓③正式に生活保護を申請する。↓④生活保護が受給できるかどうかの通知が30日以内に郵送される。——生活保護に関しては、私の回答の中で、類似の内容が過去に数多くあるので、見ていただいてもよいと思います。生活保護などは詳しく説明すれば,きりがないので疑問があれば再度ご質問していただくか、上記のURLの中の支援団体などで聞いてみたらよいと思います。質問者様から返信?補足があっても私としては追加回答はしないと思いますから、疑問があれば新規の投稿文で再度ご質問ください.私としては知恵コインは不要ですから、新規の投稿文で。離婚したら、責務が無くなると思っていませんか?相手に「精神の病」が有る状況で、離婚をするのなら、離婚裁判を起こされれば、あなたに勝ち目は有りません。夫婦間には相互扶助の義務が有り、現状あなたには介助の義務が有り、その介助の義務を放棄する事に成りますから、数百万の慰謝料が請求される事に成ります。過去の年金掛け金等の分割も認められない可能性も有ります。持ち家も、旦那の物に成る可能性が高いと思いますが。資産として分割され、現金化できなければ物として払う事に成る一度、無料の弁護士相談をされてみては如何ですか?ちなみに素人に相談しても無駄です。裁判では民間の常識なんて通用しませんから。旦那さんの退職年齢からすると、訳あり退職のように感じました。その頃から、心がやんでい始めていたのかもしれませんね。ギャンブル、風俗通いは、今に始まったことじゃないと思います。ただ、暇を持て余すから、ギャンブルに行く頻度も増え、就職もうまくいかなくてストレスはらしに風俗通いも増えたのかも?でも、旦那さんをかばうようなつもりで言ったわけではなく、分をわきまえていない、ひも的存在のような気がします。就職がうまくいかないのも、大企業慣れしていて、どんなに給与が低くても、希望する職業じゃなくても、働こうという意識がないことと、50歳過ぎて、これといったお金になる資格や技能を持っていなければ、いい仕事になんてつけません。そのことを身をもってわかってないのではないかと思います。ますます病んでゆき、あなたのお金を引き出すか、借金まみれになる確率高いです。まずは、あなた自身のこれから老後のことまでを考えることではないかと思います。息子さんが成人してるとはいえ、学生だったら援助もいるでしょうし、息子さん結婚するとなれば何らかのお金もいるでしょうし、子供が生まれればそれはまたそれで出費はあります。そんな分のお金も予備で蓄えておかないと。離婚については、旦那さんの説得も大事ですが、説得できなかった時のことも考えて、法律的手段もお調べになったらと思います。それには、ここでの情報収集も一つの参考となりますが、市役所の無料法律相談なども利用してみるといいです。旦那さんの生活保護のことを気にされているようですが、これは縁あって長年暮らした旦那さんへのせめてもの最後の手助けと考えてよいですね? 離婚をすすめるには、何故かという理由と証拠があればあるほどいいですから、それで結婚期間中に得た財産分与などがどのくらいとれるかを計算してもらってみるといいかと。何故かと言いますと、今の家をあなたと子供が貰うようにして、旦那さんが、生活保護で家を借りて暮らせばと思ったからです。ただ、不動産の名義を変えることにより税金が発生するか、発生するとしたらいくらかは分かりませんので、専門家にご相談ください。これで、なんとかなるなら、離婚成立後、旦那さんに今の住所で生活保護申請して、申請が通り次第、引っ越すことを役所に相談してみるといいです。この辺も法律相談で聞いた方がいいかもですね。認められれば、敷金、礼金、引っ越し代も出ると思うのですが。引っ越し代はもしかしたら、自分で払えと言われるかも?あとは家を売り払い、財産分与で旦那さんが手にしたお金で、生活保護基準内の家賃上限に収まる家を借りて、お金が無くなりかけたら保護申請でしょうか? あなたとお子さんたちもそのお金で新しい家を借りることになりますが。あなた名義で離婚後の旦那さんの家を借りるのはだめです。住む本人名義じゃなきゃダメです。でないと役所に偽装離婚じゃないかなどとあらぬ疑いを持たれることもありえます。進め方の手順は、法律相談などでもどうする方法がうまくすんなりいくか、問題点の確認など念のためご相談ください。検索すると、アディーレ法律事務所がでてきますが、ここは同業者でも評判悪く、顧客とのトラブル多く、最近、2か月の業務停止命令が出た事務所なので、ご利用なさらないでください。旦那さんが持ち家で生活保護は難しいと思いますよ。持ち家でも通る場合がありますが、資産価値がそれなりにあれば、売却してそれで暮らしたらと言われる可能性も。とにかく離婚を早くすることだと思います。最悪弁護士に依頼してでも。でないと、旦那さんの状況は悪くなる一方で、お金を使いこまれかねないからです。下手に借金作られても困りますし。貴女達が出て行き 旦那が家を売却してそのお金で生活をする、お金が無くなった時点で生活保護の申請ですね。資産が有る内は生活保護は無理です第三者が入った状態で話し合いの場を設けた方がいいと思いますが。大手企業なら、退職金が結構あったのではないですか?それは、置いておいて生活保護ですか?無理だと思いますけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です