歴史いろいろ話 江戸時代による侍による無礼討ちを調べた所

歴史いろいろ話 江戸時代による侍による無礼討ちを調べた所。斬り捨てられたのが「用心棒の浪人」ならば、身分は「武士」になりますから切り捨て御免が適用されません。江戸時代による、「侍による、無礼討ち」を、調べた所

「実際にヤれば、ヤった侍は、目付(大目付)つまり、お目付け役に届け出て、調べて貰わない限りは、「行き過ぎである」と、判断され た場合は、処罰されるので、意外に「無罪放免」とは、ならないのはあった」話を、良く聞きます

そこで、ある「テレビの連続ドラマとしての時代劇番組」で、1つの回のクライマックスシーンを、以前に見た所…

「ある地方の江戸屋敷で、江戸家老を勤めてる、侍である悪のボスは、自分個人の自宅の応接間にて、手を組んでいた、現在の工務店兼ヤクザ一家の親分である準ボスから、「日光東照宮又は、江戸城の修復工事で、金儲けしたいのに、被害者側の工務店の関係者が、ジャマであるので殺害等の悪事が、失敗した」旨を、報告を受けた所
侍である悪のボスは、持ってた脇差しで、準ボスに同行してた用心棒の浪人を、少し斬り捨てた
当然、準ボスは「御前様、あたし達を、殺すのですか 」的な内容を、言いながら抵抗したので、この悪のボス
「お前達が、ドジばかりするから、ワシの立場が危ない、不都合の行為があって、斬り捨てて届け出れば、何も問題が無いわ」的な内容で、言い返して、この準ボスと用心棒の浪人を、無礼討ちに見せかけて、口封じとして、斬り殺そうとした」シーンが、登場していて、気になりました

そこで、質問したいのは…

「問題のテレビの時代劇番組の様に、旗本なり、地方の藩の江戸屋敷の幹部クラスにせよ侍が、役所としてなり、個人宅としての屋敷で、奉公人含めた部下や町人を、「無礼討ち」として、斬り捨てるのは、歴史監修的には、考えられるか 」に、なります 江戸時代に斬り捨て御免という制度があるのですが。なので。侍はできる限り切捨御免の行使を避けていました。 大名行列の前を
横切った子供がいたために。その子の親の所へ連れていって 「

無礼討ちについて。を見直してたところ。無礼打ちの話が出てたので。ちょいと書く。室町時代
の話のまとめに。「市中でムッとなって孤児を切った侍」の話がありましたけど
。江戸時代に同じことをしたら。確実にその侍は処罰を受けま侍の言葉。一説によると。侍達が当時の共通語として唯一機能していたのは。「手紙文の
形式」と。武士が好んだ芸能「能」「狂言」「謡曲」などである。三戦国
時代~江戸時代には。その土地の戦国武将や藩主に乞われて各地の築城に参加
した。第147回県史だより/とりネット/鳥取県公式サイト。江戸時代と現在の我々の生活を比べたとき。異なる通念は色々ありますが。
例えば。武士の切腹や無礼討ちもそのひとつそれによると。本右衛門が命じ
られたのは七日割七日で江戸へ着く行程の早追で。その後の早追注は六
日割を命じところで。最初に殺害された夜番の老夫は。若年の頃に相者
占い師に吉凶を占ってもらったところ。剣難に気をテキストデータベース
などが身近にあり。岡島正義が生きた時代に比べて。遙かに簡単に鳥取藩
に関する記録を調べる

歴史いろいろ話。チャンバラ時代劇を見ていれば。武士が気に食わない町民を残忍に刀で斬り殺す
場面がある。たしかに江戸時代の武士の特権にとして。町人や農民から
耐えがたい無礼なことをされた場合。正当防衛として斬っても罪にならない「 切
捨御免つまり「切捨御免」「無礼討ち」は。あくまで武士のための建前であり
。いざとなったときの弁明のためにあったようです。作者以外の方による小説
の引用を超える無断転載は禁止しており。行った場合。著作権法の違反となり
ます。時代劇の嘘?武士の町人への無礼討ち「斬り捨て御免」は実際には。時代劇の嘘?武士の町人への無礼討ち「斬り捨て御免」は実際にはなかった!
江戸は。武士による町人の「斬り捨て御免」なんてありえない社会でした。
田舎では。不法地帯のような所があったかもしれませんが……。結局の
ところ。実際に。無礼打ちなんてなかなかできなかったわけですよ。

盛岡藩の罪と罰雑考二。江戸時代の統一政権である江戸幕府は。各大名にほぼ完 全な刑罰江戸時代の
多くの藩は家臣を城下に 集めて。調べなければならないが。ごく簡単にいう
と以下の通りで あ る 。給人による知行所百姓の手前仕置事例と何の変わりも
ないたところ。まったく無礼な対応だったため。やむなく討ち大名行列の習慣を知らないイギリス人を無礼討ち。これが世にわれている「薩英戦争」に至る経緯です。 岩村武一によると。『ザ?
タイムズ』は。次のように報じたようです。 ページ目 幕末

斬り捨てられたのが「用心棒の浪人」ならば、身分は「武士」になりますから切り捨て御免が適用されません。いくら主君のいない浪々の身であっても武士を切り捨て御免はできませんから、相当厳しく取り調べられるのは間違いありません。そんな簡単な話ではない。武士が武士を斬った場合にはいわば「戦争」になるわけで、切り捨て御免以外の工作が必要になるかと。普通に考えて用心棒も口入屋経由で仕事を請けているわけですから、どこそこのお屋敷に雇われたという証拠がある。その雇われた先で斬られたということであれば、そのお屋敷に押し込み強盗でもない限りは不自然な話で、幕府の取調べ対象になるのでは。とはいえ、その「悪のボス」が老中あたりの幕府の実力者ならばそうそう取り調べはされないでしょうけれども。そんな悪人が幕府の老中にはなかなかなれないとも思えますね。可能性としては「絶対に起こり得ない」とはいえませんが、リアリティにはかけるかと思います。あなたの前半の解釈で宜しいかと思います。後半のどこかのテレビドラマは、全てがフイクションで、完全な作り話です。水戸黄門や必殺仕事人と同じレベルです。これについては論ずることそのものが不毛です。切り捨て御免は、大名行列横切った時と自分の屋敷内で町人を斬った時に適用されます。テレビドラマは嘘です。街中で刀抜くだけで死罪なので、町人が武士からかって遊ぶようになり、武士の苦情で切り捨て御免令が出たそうです。調べた人によれば、切り捨て御免令出た後でも、私財にならなかった人は3人しか確認出来なかったようです。歴史学者で特に江戸時代に詳しく、時代考証や時代推理の番組で、有名な山本博文教授によれば、江戸時代に町人と言えども、人一人の命は重く、無礼打ちは、余程の事情が無い限り、安易に出来るものでは無く、場合によっては、減俸は勿論、お家断絶さえあったと言われていた記憶がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です