特急券:JR東日本 最近のJR東日本の特急は自由席を廃止

特急券:JR東日本 最近のJR東日本の特急は自由席を廃止。検札の手間が最大の理由でしょう。最近のJR東日本の特急は自由席を廃止したがっていますが何故ですか JR東日本特急から?自由席?が消えているワケ。そして。の流れを押し返すかのように。最近の東日本の新幹線?特急列車
では私鉄同様に全車指定席の列車が増えつつある。その理由は何であろうか。
年代の特急は全車指定席だった 日本の鉄道の開業以来。長距離中央線特急の新たな着席サービスについて。中央線特急の顔となった系 富士回遊号にも使用される ※画像。東日本 ①
自由席が廃止された 今回の改正で一番の変化はこの自由席の廃止です。これ
により中央線特急の座席は全席指定化され。指定席特急券か座席未指定券の
どちらかを利用することになります。したがって。どの列車に乗るか決めてい
ない場合や満席で立ったままでもいいから乗りたいといった場合には便利

特急券:JR東日本。また。自由席特急料金やグリーン車。グランクラス。寝台車をご利用になる場合
の特急料金は。通常期の指定席特急料金の円引きです繁忙期も閑散期も
同額です。 ※新幹線を乗り継いで東海道新幹線と九州新幹線とをご利用になる
場合の新幹線のキャンセル料はいくら。乗車券円と指定席特急券円の計円が基本。というのはご存じの方も
多いと思います。ます。異なるのは。新幹線チケットサービスでは。自由席
の払いもどし手数料が不要なことです。えきねっとトクだ値」「お先にトクだ
値」を払いもどす場合も。席につき円です。最近は。新幹線に乗れる紙の
割引きっぷは減りましたが。インターネットで予約して。紙のきっぷを受け取る
割引きっぷは数多くあります。沿岸バス「豊富~稚咲内」が廃止へ

JRの運賃計算ルールは複雑すぎる。したがって。実際には対キロ区間制と同様。階段状に上昇する。年月の
運賃改定で。東日本は。電車特定区間内と山手線内の運賃計算方法を変更した
。月の旅規改定で東京と大阪の擬制キロが廃止されたが。緩和措置として区間
を特定して賃率計算による運賃から割り引く制度が定められた。特定特急券は
。近距離区間の新幹線利用を促進するために。新幹線の隣接駅間の自由席用に
設定されたものであるが。後述する新幹線特急券の分割購入問題の元凶となって
いる。

検札の手間が最大の理由でしょう。自由席に特急券を持たずに乗ってくる客が多く、特急券発行の手間がかかりすぎるため全車両をまわる前に下車して検札漏れになることが多く、それを知ってタダ乗りを狙う悪質な乗客も少なくないからです。あと常磐線の場合「上野で並んで座る」事ができなくなったという事情もあります。JR東日本としては「本来特急は全席指定が原則、実際私鉄はそうなっている。」と言いたいのでしょうが、これは都会的な発想で地方から上京する人の事情を無視しています。私鉄は営業範囲が狭くほぼ全駅にMVを設置でき、ホーム上に券売機もあって特急退避時に衝動買いも可能です。しかしJRの場合、地方ではみどりの窓口がなかなかなくJR駅まで出るのが一苦労、特急停車駅ですら無人のことも指定券を買おうにも買えません。また「本来特急は全席指定が原則」と言っても特急以外の選択肢があった昔とは事情が違います。今後「あずさ」も全席指定になりますが、そうなると小海線や大糸線の沿線住民が上京するときに甲府で立たされるという問題が発生します。他国の例を持ってきて、少しでも増収策をという感じが見て取れます。もともと特急券は指定席、という制度設計でしたから、規則上も急行券+指定席券に対して特急券は指定席原則の「自由席特急券」別建てという形になっている。自由席の特急がじわりと増えてくる中、料金部分の収入も大事と考え始めたということです。スワローサービスはマニアから色々言われがちですが、この制度に、ルーツをたどるとドイツ国鉄DBにあたりますDBは未指定特急券で乗車して指定未確保の座席を利用できる。座席指定には別途少額ながら料金が必要である。ただし、JR東日本はSuicaグリーン券の座席部品を流用したかったのか、DBみたいに座席のドットディスプレーで「東京-勿来が予約されています」といった区間表示までは行わなくなっています。だって、矛盾しているから。普通列車のグリーン車自由席より特急列車の自由席料金のほうが安い区間が存在していたら、不公平だからです。その解決と、ネットワークの向上、指定席券売機をホーム上に設置、車両側のシステム向上を踏まえて、ようやく人件費削減が出てきます。そもそも特急券の概念は「指定席特急券」であり、私鉄なんかは特急料金を収受する特急列車の「ほとんど」に自由席はありません。特急券を車内で発行するのが人員面で負担になってるから、ま、平ったく言えば『増収策』の一環ですよ。短距離自由席の割引料金500円を止めたいけど、正面切ってはやりにくいしイメージ悪いから。検札要員として複数名の車掌を乗務させる必要があり、人件費高騰の要因自由席はもともと、指定席管理システムの処理能力不足の産物それにしても、またゾロ『束厨』が訳分からない事をホザイテますなぁ。新宿駅の『詰所』に有り余る駅員がいても、なお『人手不足』ですかぁ。それに、また『珍説』まで『創作』するとは???自由席制度は元々長距離特急の『末端区間』を利用しやすくする『割引料金』座席を指定せず特急料金を割引がその嚆矢。そして、房総特急の利用促進策として「自由席」を制度化したもの。関東地方の特徴である『飛び乗り』に対応し、自由席主体の急行を特急に「格上げ」した際の『救済策』でもある。「指定席管理システムの処理能力不足の産物」であれば、システム増強時に廃止すればいいもので、何のために「L特急」なる名称をわざわざ作ったのか。苦し紛れの『言い訳』にも程がある。特急券を車内で発行するのが人員面で負担になっているのでしょう。小田急近鉄がまたおかしなこと言ってますが、民間企業だから金のことを考えるのは当たり前。人件費削減が主たる理由です。企業としてお金がかかることを削減して、利益を追求するのは当たり前。少子高齢化で人件費削減をしていく時代だから。あとは、これが理由かは分からんが、都会では自由席は空いてるのに指定席が混んでることも多いので、最大限に座席指定させて、飛び乗りのビジネスにも対応できるので、ありがたいです。客より金。せやから脱税でもして捕まってくれればええねん。人件費の抑制と人手不足の為。国鉄時代に採用を絞った関係で人材不足が顕著になってきました。自由席を連結している列車には検札要員として複数名の車掌を乗務させる必要があり、人件費高騰の要因になっている。加えて前述のとおり深刻な人手不足。全車指定席にして車掌乗務を減らし人件費の圧縮と人手不足解消を目指し全車指定席に踏み切っただけの話。指定席の乗客が、1両に2-3人しかいない。自由席の乗客が、1両に20人以上並んでいる駅がある。指定席は10-20秒で乗客が終了自由席が2分でも、乗客が乗れいない駅がある。遅延の原因。サービス向上のためですよ。値上げだとか勝手な解釈をしている人が多いですが、自由席はもともと、指定席管理システムの処理能力不足の産物であって、安く乗ってもらうのが目的ではありませんから。もちろん増収を図りたいのがひとつ特に首都圏においても今後、大幅な乗客の伸びは見込めないのであと自由席特急券を持たないで乗り込む客が多く車内での精算業務で車掌が繁雑になっているからこれを防止するため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です