相続のこと もし義理の親族に介護されたらそいつに財産をあ

相続のこと もし義理の親族に介護されたらそいつに財産をあ。反対。もし義理の親族に介護されたら
そいつに財産をあげろ という法律ができるけど
それについて賛成ですか 反対ですか

生前の遺言書があっても
その効力がパーになる この記事みて

7月から大きく変わる「相続法」…介護した親族は報われるか
7/1(月) 12:10配信

相続に関する民法が大幅に改正された 7月からは配偶者に生前贈与された自宅を相続対象から除いたり、介護に貢献した親族が金銭を請求したりできるようになった 高齢化社会の実態に合わせた見直しだ
(斉藤保)

今回の民法改正は40年ぶりの大幅な見直しで、大半が7月から施行される 税理士法人レガシィ(東京)の岡崎孝行さんによると、世間の関心も高いという

生前贈与された居住用不動産を、遺産相続の対象から除外する制度がスタートする 婚姻期間20年以上の夫婦が対象だ 岡崎さんは「残された配偶者がより多くの財産を取得でき、老後の生活が安定する」と説明する

妻と長男がいる夫のケースで考える 財産は1億円で、このうち自宅の評価額の2分の1にあたる2000万円を妻に生前贈与して亡くなったとする

これまでは、生前贈与した分は遺産の先渡しと見なされた 妻の相続は遺産の半分の5000万円だが、2000万円は受け取り済みで、新たに取得できるのは3000万円だった

新制度では、生前贈与分を除く8000万円が相続対象となる 妻はその半分の4000万円を新たに取得できる 既に得た自宅の2000万円と合わせて6000万円になり、従来より1000万円多くなる

納得できない相続人の遺留分、金銭で請求OK

特定の相続人に遺産の大半を譲るなどとした遺言を残すと、それに納得できない他の相続人は遺留分(法が定める最低限の相続分)を請求できる 遺産の多くが土地や建物など金銭以外の場合、相続人の間でそれらを共有する形になり、共有財産の分割や処分に手間がかかっていた

それが7月以降は、遺留分を金銭で請求することになる

父親の遺産を長男と長女で相続するとする 遺産は自宅の建物と土地9000万円、預貯金1000万円の計1億円で、遺言では建物と土地は長男に、預貯金は長女に譲るとあった

長女の遺留分は法定相続分の半額なので、この事例では2500万円となり、残り1500万円を請求できる 現行では、長女は不動産の一部を共有にする形の請求だが、今後は現金1500万円を請求することになる

「面倒な共有関係を回避でき、遺言者の意思が反映されやすくなる」と岡崎さんはみる

義父を介護しても金銭面で報われなかったが…

長男の嫁が同居の義父を長年介護、というのは珍しくないが、義父の死後、金銭面で報われることは少ない 遺産は通常、配偶者と子や孫など血のつながった親族の間で分割相続され、嫁はその対象外だからだ 一方、次男や長女は介護と関係なく、財産を得られる

岡崎さんは「既に長男が亡くなっていた場合、長男の嫁は遺産の分配を主張できず、不公平との声が上がっていた」と指摘する

改正後は、相続人以外で介護に尽くした親族は「特別寄与者」となり、「特別寄与料」を請求できるようになる 先の例では、長男の嫁は次男や長女に対し、介護に貢献した分の金銭を請求できるのだ

ただし、遺産分割そのものは従来通り相続人のみで行う また、特別寄与料の基準や目安は示されておらず、判例などを参考に決めるとみられる
葬儀費用が心配 預貯金の一部、遺産分割前に引き出せるように
7月の改正では、遺産分割前のお金の悩みにも配慮がされた

これまで、遺産のうち預貯金などは、遺産分割完了まで相続人単独では引き出せなかった 「十分な遺産があっても、葬儀費用や相続人の生活費、納税などに困る場合があった」と岡崎さん

7月からは、家庭裁判所の判断なしに、相続人単独では1金融機関あたり法定相続分の3分の1(最高150万円)まで引き出せる 亡くなった人の銀行口座に600万円があり、配偶者がお金を下ろす場合は、法定相続分が2分の1なので、その3分の1となる100万円まで可能だ

また、裁判所が必要と認めた場合は他の相続人の利益を害しない範囲で、上限なしに引き出せる 引き出した金額は、その後の遺産分割協議の中で精算する

アドバイザー 岡崎孝行さん

税理士、行政書士、ファイナンシャルプランナー 1972年、埼玉県生まれ 大手不動産会社勤務を経て、99年、相続専門の税理士法人レガシィに入社 月40件以上の相続に関する申告や相続対策の相談責任者を務める
(6月20日掲載紙面から)

https://headlines yahoo co jp/hl a=20190701 00010000 yom bus_all&p=2介護をすると遺産相続で有利になる。さらには。自宅で保管されたのちに紛失されることが多かった自筆証書遺言を。
法務局で保管する制度が創設されされているものとしては。被相続人の介護や
看病に貢献した相続人でない親族に対しても。被相続人の財産の

義父母を看取った嫁が請求した「介護の特別寄与料」とは。た活用術!』サンライズパブリッシングから一部を抜粋し。年月
から施行される民法改正を活用した。家族形態や時代に合わせた円満な相続の
進め方を紹介します。今回は。相続人以外の親族が相続人に請求できる「介護の
特別寄与料」について解説します。介護が始まる前に。親族で財産の状況を
確認し。遺産分割などを想定した話し合いをしておくことが賢明です。義理の両親の介護は。家族や親族内で。しっかり話をしたことがなく。きちんと向き合っていないのが
現状です。仲良しのママまた。義理の両親からも。そういう話をされたことは
ないです。 まだ義理の夫は男兄弟しかいませんが。もし娘がいたなら嫁よりも
娘を頼っていたのかもしれないと考えたこともありましたね。

相続のこと。約40年ぶりに改正された相続法制では。相続人ではなくても。故人の介護など
に尽くした親族が相応の金銭を相続人に請求これまでも故人の介護などに尽力
し。故人の財産の維持や増加に貢献した人の遺産の取り分を増やす「寄与制度」
がありました。それでももし当時。新制度があったとして。請求できたかとい
えば「難しかったでしょう。義理の父母の介護や家業のためにどんなに力を
尽くして貢献しても。相続にあずかることはできませんでした。ID無し。親にされたこと考えると平常心で話せない気がするけど一切無視してバンバン
旅行行ってる間に回緊急入院。それもしなくてもいい事けど。そうなると姉
は財産独り占めするだけして介護は絶対にしないだろうそんな性質悪い男は
そいつ自体が不幸な育ち親等内の姻族も親族だから義理の兄は親族にあたる

親の介護は嫁に義務はない。「家庭裁判所は。特別の事情があるときは。前項に規定する場合のほか。三親等
内の親族間嫁が含まれるにおいても扶養の義務を負わせることができる」と
あります。 特別な事情とは主に次の3点を参考に判断されます。 ①

反対。金目当てで碌な介護をしない、ネグレクトが増えるだけ。私はやってあげた人が少しでも報われるのはいいと思いますよでも自分の夫も長男ですがいくらお金をいただけても絶対に義理の母の介護はしないです。義父はいい方だったのでお手伝いしました。お金も相続も不要です気持ちだけなのでぎぼは認知症じゃなくても全部私のせいにされ、酷いいじわるをされるのに、認知になったら、絶対に、モノ取られた食べさせてもらってない!って言われる。それなら自分のお金使って有料介護サービス受けたらいいんです。残してもめるんじゃなく使い切ればいい。自分は正規のバイト代貰っても義母の介護はしません本年の1月13日から始まった一連の相続法改正についてゴチャゴチャに質問されているのでわがりにくいのですが、「もし義理の親族に介護されたら そいつに財産をあげろ」について答えます本来、ZAC大原先生がお答えなさってるので、補足ですこの法案、我々では「長男の嫁法案」と言われています元々、民法には相続権のある人が特別に割り増しを認めようとの「寄与分」との考え方があリましたところがこれが認められるのが「元々相続権のある人」だけだったんですしかし多くの場合、日本古来の慣習に従って、老親の看護をしたのは「長男の嫁」であるケースが多かったんですでも長男の嫁には相続権がなく、タダ働きになってしまうこれを何とかしようと言うのが今回の改正の趣旨です本来は、介護を受けた遺言者が介護をしてくれた親族にいくらかの遺産を遺贈すべき話です。しかしその時点ではもう認知症になっていたとか、遺言を残す習慣のない日本では、そういうことができない事例が多いので、せめて救いの手を差し伸べようということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です