神戸新聞NEXT 神戸の女児殺害事件で裁判員は死刑判決を

神戸新聞NEXT 神戸の女児殺害事件で裁判員は死刑判決を。選挙制度、自衛隊などの問題では行政への忖度で独自の判断は示しませんは。神戸の女児殺害事件で裁判員は死刑判決を出したのに、最高裁はそれを覆し、無期懲役としました 最高裁は過去の同じような犯罪との「公平性の確保」を理由にしています つまり一人殺した位では死刑には成らないと言うことです それ程「公平性の確保」を重視する最高裁ですが、「一票の格差」を合憲とするのは何故ですか 今月行われる参院選では3倍もの一票の格差が有ります これは最高裁が長年に渡り一票の格差を容認して来たからです 死刑判決では「公平性の確保」を重視しているのに、一票の格差判決では「公平性の確保」を重視しないのは公平ではないですよね 「神戸?小1女児殺害事件」。いわゆる「神戸?小1女児殺害事件」出典事件発生日一審判決
被告人/受刑者君野康弘毎西部朝 裁判所名?部, 神戸地方裁判所
第4刑事部 事件番号, 平成わ 量刑, 死刑 裁判官, 佐茂剛 中川卓久 若林貴子
判決全文[] 法廷名, 最高裁判所第一小法廷 事件番号, 平成あ 裁判
種別, 決定 結果, 棄却 裁判官, 山口厚 池上たことから君野受刑者が逮捕され。
袋の中にあったたばこの吸い殻と君野受刑者の型も一致した毎西部
朝。

神戸6歳女児「わいせつ殺害犯」が死刑破棄。何のために裁判員裁判をしたのか」。最高裁の決定後に出された遺族のコメント
が全てを物語る。一審の死刑判決を破棄し。無期懲役とした二審判決が確定する
「神戸女児殺害事件」。 記事全文を読む裁判員の国民感覚と先例に距離。平成26年の神戸市長田区の小1女児殺害事件で。最高裁決定は。裁判員裁判の
死刑判決を覆した高裁判決を支持死刑については。裁判員が苦慮を重ねて出
した結論よりも。プロの裁判官による「死刑適用基準」を重視する5人殺害。一審裁判員裁判の死刑判決が二審の高裁で無期懲役となり。最高裁で確定するの
はこれで7件目だ。飲食店店長強盗殺人事件 ②千葉女子大生殺害事件 ③長野
一家3人強盗殺人事件 ④神戸小1女児殺害事件 ⑤大阪ミナミ通り魔事件 ⑥熊谷
6人殺害事件 ⑦淡路島5人刺殺事件ところが。二審の東京高裁では心神耗弱が
認められて無期懲役となり。20年9月に最高裁で確定した。

裁判員の国民感覚と先例に距離。平成26年の神戸市長田区の小1女児殺害事件で。最高裁決定は。裁判員裁判の
死刑判決を覆した高裁判決を支持死刑については。裁判員が苦慮を重ねて出
した結論よりも。プロの裁判官による「死刑適用基準」を重視する神戸女児殺害。神戸市長田区で2014年。小学1年の女児=当時6=が殺害された事件で
。殺人などの罪に問われた君野康弘被告… 続きを神戸女児殺害。無期確定へ
=裁判員死刑破棄4件目-「計画性。前科ない」?最高裁一審裁判員裁判の
死刑判決を破棄。無期懲役とした二審大阪高裁判決が確定する。神戸女児殺害。神戸市長田区で2014年に小学1年の女児当時6を殺害したとして。殺人
などの罪に問われた君野きみの康弘被告52について。一審の裁判員
裁判の死刑判決を破棄し。無期懲役とした二審判決が確定する…

神戸新聞NEXT。神戸市長田区で2014年。小学1年の女児=当時6=を殺害したとして。
殺人などの罪に問われた君野康弘被告52について。検察側の上告を棄却
した最高裁決定。一審神戸地裁の裁判員裁判による死刑判決を破棄

選挙制度、自衛隊などの問題では行政への忖度で独自の判断は示しませんは?1人殺害でも死刑判決なんてたくさん出てるぞ。最近では2013年にも1人殺害の初犯で死刑になってる。死刑になるかは事件の内容。人数だと思ったら大間違いだ。合憲判断なんぞしてないが。一票の格差裁判の判決には「合憲」「違憲?有効」「違憲?無効」の三段階あり、ここ最近の判決はほぼ「違憲?有効」だが。国民が全国に満遍なく住めばよいのです。第十二条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふどうやこの論法は?というか、議員に自分たちの選挙制度や待遇や歳費を決めさせるのがそもそも、おかしい。都合の良い制度にするに決まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です