第75回国会 参議院選挙公示前ならば報道機関が競馬新聞の

第75回国会 参議院選挙公示前ならば報道機関が競馬新聞の。雑誌とかなら実際そういう表示になっています。参議院選挙公示前ならば、報道機関が競馬新聞のように、候補者予定者の名前を書いて、その名前の上に◎ ○ ▲ 無印などで、「優勢」、「やや優勢」、 「やや劣勢」「評価外」などの評価をしても問題無いのでしょうか
世論調査や取材で予想しているようですが
なんか、それを見ると、「あ~この人に投票しても無意味かな」とか、「この人に入れようと思っていたけど、劣勢ならこの人に投票しようかな」とか、気持ちが変わる場合が有りますよね
政治理念に共鳴しても、投票した人がどうせ落ちそうなら、第2候補に入れようかなってなる人もいると思います 政治?選挙?外交:。変わったのは人か。歴史か。答弁か 舛添氏の報道が過熱するに伴い。にわかに
取り沙汰された内容がある。 それが。氏が過去に発行した著書や。会見等で示し
た。不正に対する彼の見解だ。 「横領したような連中はきちんと

候補者。キーワード」入力文字が候補者の名前?略歴などと一致する場合。該当する候補
者を一覧で表示します。「立候補区」「政党」「男女」などで。表示する候補者
を絞り込めます。年齢は投開票日現在。当選回数は。当選時にプラス1になり
ます選挙を愚弄した産経新聞。見出しは大きく?自民「大家が危ない!」?。大家とは。福岡選挙区から自民党
公認で立候補していた大家敏志氏のことである。 産経朝刊第75回国会。けれども。公選法二百一条の十四によりますと。選挙期間中の政党の機関新聞。
雑誌の号外は選挙に関する報道評論が禁止されて。しかも選挙の政策とか他党を
批判することもこの禁止に含まれるとされています。私のように

特集ワイド:選択肢ないから自民。振り返れば。不思議な戦いだった。参院選公示前から「解散風」が吹き荒れたが
。政府内で相次いだ問題発覚で一気に沈静化。安倍長期政権の政策の信を問う
機会に変わった。議員心理はどうだったのか。自民党の平沢勝栄

雑誌とかなら実際そういう表示になっています。そんなことで意見を変えるっていうのは極端に低いレベルの人なので、そこまで気にしたら切りがないと思います。常識で考えて、全ての選挙区で自公は強いでしょうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です