高齢者?シニア向けみまもりサービス 警備会社特にアルソッ

高齢者?シニア向けみまもりサービス 警備会社特にアルソッ。信用金庫の店内警備でしょうね。警備会社(特にアルソック)について

ご近所の独り暮らしのおばあさんの家に警備会社のシールが貼ってあります 私の親戚にも独り暮らしのお年寄りがあるので、警備会社と契約するのも犯罪抑止になるのかな、という話題が出ていました

そんな時、地元の信用金庫の裏口にアルソックの警備員が入っていくのを見ました

ひとりはちっちゃなお爺さん
ひとりは障碍のある人のようで、片足を引きずりまっすぐに歩けないのか何度も壁にぶつかっていました 制服も着崩れていて、知能障害もあるように見えました

高齢者を雇うなとは申しません 障碍者を雇うなとも言えません
でも警備員は違うと思うんですよ
金融機関に派遣される警備員がとても警備もできす抑止力にもなりそうにない ましてや一般家庭が警備会社と契約したら、どんな人が派遣されてくるんだろう???そう考えてしまいます

警備員って、誰でもなれるものなんでしょうか
格闘技とか体力検査とか、それなりの研修とか、ないんですか

そしてレスリング女子やら体格の良い男性たちが「いちにーさんしっ、アルソック 」と走っているあのCM 現実のアルソックと違い過ぎて信用なりません

アルソックだけが怪しいのでしょうか それとも全般的にあんな感じでしょうか
一般家庭が契約するとしたら、どこが良いでしょうか まだ具体的に金銭面などは考えていませんので、緊急時にそれなりに『警備』が出来る人が来てくれるところはどこでしょうか 新着情報。令和3年2月1日より。弊社の道北支社は下記のとおり移転しましたのでご案内
申し上げます。当該者は札幌市内で勤務しておりましたが。関係者については
所轄保健所より濃厚接触には該当しない旨の見解を得ており。11月1日が
警備の日ということで。11月2日午後。札幌駅南口広場において。北海道警備
業協会主催の警備業街頭啓発に参加しました。ALSOK社員を名乗るメール
であっても。特に送信元のメールアドレス等に不審な点がないかご確認いただき
。少し

高齢者?シニア向けみまもりサービス。や生活を考えると…」そんなご家族の気持ちに寄り添い。ご高齢者様の安全を
守るお手伝いします。ってどんな会社 いつでもあなたのそばにいて。必要な
時に直ちに駆けつける安心警備を提供するについてご紹介いたします。

信用金庫の店内警備でしょうね。誰でもなれますよ。アルソックとはいえ、子会社のアルソックが業務するので年配の方が多いのです。警備員なんざ保険ですからね。一般家庭の警備の場合は機動隊員が行くので若手が多く安心です。ALSOKは本体の「綜合警備保障」と連盟子会社の「○○ALSOK」に分かれています。本体の方はほとんどが大卒で入社も35歳までとかで結構厳しいです。cmとかもこちらですですのでもしかしたら見たのは連盟子会社の方かもしれません。本体からの出向とか…いやあ、警備業を誤解されておられる。警備員は武力の行使を認められてませんので、警備員に抑止力などありません。逆に、一般の人なら正当防衛が認めらるケースでも、警備員だと過剰防衛になります。だからもし犯罪者と対峙することがあっても、警備員は現実は逃げるしかないのです。一応護身術の訓練は受けてますが、あくまでも自分の身を守るための術です。相手が自分に攻撃を仕掛けてきたときだけ、相手と対峙する権利を有してます。金庫をこじ開けようとしてる犯人に打撃を加えたりしたら、大変な問題になるのです。警備員に出来ることがあるのは、即座に警察機関に通報することです。そこに関しては訓練を受けています。現金輸送の方でしょうね一人は銀行員の左遷の可能性も私はアルソックはガタイの良い現金輸送の方しか見たことないです。ビートと、言われる機動隊員は結構優秀ですよまぁ、そういう人は中々雇わないと思うので勤め出してから怪我なり障害なり負ってクビに出来ないのでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です