E=mc2 E=mc2 化学変化での前後で温度が変化して

E=mc2 E=mc2 化学変化での前後で温度が変化して。質量は変化しません。E=mc2
化学変化での前後で温度が変化してる際、質量も変化しているのでしょうか
化学知識に乏しく、大変お恥ずかしい質問かとは思いますがご回答よろしくお願いします 第2節。相対論によれば,物体の質量とそれが静止しているときにもつエネルギーとの
間には, = の関係が成り立つ。巨大なエネルギーがあること 化学反応
などによって物体から取り出せるエネルギーから計算される質量変化は,ごく
わずかでよって,原子炉には,核分裂が急速に進展し,炉心の温度が上昇
すると,核分裂を抑える方向に自然に反応する性質吸収?放出される
エネルギーの量は,変化の前後において関係する原子核の静止質量の差で計算
することができる。

太陽の寿命。太陽の質量が毎秒放出しているエネルギーは×-?s-?-である。
化学反応では反応の前後で物質の質量は変わらないが。核反応では反応後の物質
の質量が小さくなる。一つは。温度を上げて原子核の運動の速さを速くして
原子核どうしを衝突させるという方法。もう一つは原子核の密度を上げて衝突し
やすくするという方法である。=c 上のように。約の水素の原子核が
ヘリウムの原子核になるとときの質量が失われ。それがエネルギーになる
。わかっても相対論。質量=エネルギー」を知らない人も。「E=mc」といえば。聞いたことくらい
あるはずである。しかし。中学のころ習った「どんな化学反応においても。
反応前の物質の質量の総和と反応後の物質の総和は等しい」というのは間違い
なのである。逆に。その反応が熱を奪う温度を下げる反応であれば。反応
後の質量の方が大きい。使って。難しい説明をしているものがほとんどである
が。慣性系を扱う限り。速度の変化はないのが前提なので。微分など使う必要は
ない。

E=mc2。いずれかを含む。= 化学変化での前後で温度が変化してる際質量核分裂後の質量が軽くなることとエネルギー保存則の関係がよく。通常の化学反応では「質量保存則」が成り立っていると考えて問題ありませんが
。核反応などまで考えると。「質量保存反応前の物質の質量エネルギー =
反応後の物質の質量エネルギー + 核分裂反応で生じた熱エネルギー質量
エネルギーは = ^なので。質量 全部を上の式でエネルギーに変換して
考えるのではなく。核反応での質量の「変化分」をエネルギーに変換しまあ。
もちろん「いったん陽子と中性子にばらばらにする」のにはとてつもない温度が
必要です。

質量は変化しません。E=mc^2の導き方何故、重さ単位:㎏に光速度cの2乗を掛けると、その物質の持つエネルギーE単位:ジュールが求まるのでしょうか。これを理解するには、プランク距離lpとプランク時間tpを知らなければなりません。空間の最小単位をプランク距離lp= 1.616199×10^-35m、時間の最小単位をプランク時間tp= 5.39106×10^-44秒と言います。一般相対性理論が成り立つのは「プランク距離」までです。それは、何故でしょうか。物質間に働く万有引力は、質量に比例し距離の2乗に反比例します。従って、重力加速度は①g重力加速度=G*m/r^2と表されます。G重力定数=6.67384×10^-11単位:m^3㎏^-1s^-2?m=相手の物質の質量単位:㎏?r=物質間の距離単位:mです。この方程式は、1㎏の物体Pから1m離れた物体Qは、物体Pの重力により毎秒6.67384×10^-11m/秒づつ加速されることを表しています。 相対性理論では、質量を大きさのない点と考えます。そうすると、2つの質量PとQは無限に近づきPQ間の万有引力は無限大となってしまいます。これでは、あらゆる物質は無限大の力でくっ付いて離れなくなります。しかし、現実にはこの様なことは起こりません。2つの質量は「ある距離最小距離=②「プランク距離lp」」よりも近づくことが出来ないからです。そして、この世の最短距離②をこの世で最速の③光速c2.997924×10^8 m/秒で移動するのに要する時間が、この世の最小時間④プランク時間tpです。ですから?{②プランク距離lp÷④プランク時間tp=③光速c[m/秒]}です。そして、この世の⑤最大加速度は、最短時間プランク時間で最高速度の光速に達するものです。その加速度をgm/s^2とすると、⑤最大の加速度gm/s^2= ③光速cm/秒÷④プランク時間tpです。また、一本の超ひもの質量は様々です。振動の多い超ひも程、質量が大きくなります。最も質量の大きい超ひもを⑥m㎏プランク質量とします。m㎏の物質Pに最短距離lpまで近づくと、その物質Qはこの世の最大の加速度⑤で引かれます。ですから、①⑤⑥より?{③光速c[m/秒]÷④プランク時間tp= G*⑥m/lp^2}が成立します。また、 光のエネルギー量は、E=hvプランク定数×光の振動数と表わされます。つまり、輻射エネルギーは、プランク定数×1秒間当たりの振動数となっていたのです。プランク定数1hは、6.629069×10^-34J*sジュール×秒です。物質波を計算する時、これを2πで割った換算プランク定数ディラック定数「?」が使われます。その際、周波数vではなくて角周波数ωを使います。?Eジュール=?[Js]×ω[rad/s]です。そして、?=h/2π=6.629069/6.283184×10^-34J*s =1.054571726×10^-34J*sです。1秒間に1[rad]振動回転する1本の「超ひも」である光のエネルギー量は、?よりEジュール=1.054571726×10^-34J*s×1回/秒=1.054571726×10^-34Jジュールです。1本の「超ひも」の振動数が多くなる程、質量が大きくなります。1本の「超ひも」の取り得る最大の振動数質量をm㎏とします。この時、「超ひも」は最小時間tpに1[rad]振動します。これ以上短い時間はないのですから。後で説明しますが、m㎏の質量はmc^2ジュールのエネルギーに換わります。ですから、?最多振動数の1本の「超ひも」のエネルギーEジュール= 1?ジュール*秒÷tp=mc^2?1?/tp=mc^2です。まとめると?lp/tp=c?c/tp=Gm/lp^2?lp/tp^2= Gm/lp^2?G= lp^3/m*tp^2?1?/tp=mc^2?1?/tp=m*lp^2/tp^2?1h=2πパイm*lp^2/tpとなります。?と?よりG×1h= lp^3/m*tp^2×2π m*lp^2/tp=2π lp^5/tp^3=2πlp^2c^3、lp^2= G×h/2πc^3∴lpプランク距離=√{Gh/2πc^3}=√6.67259×10^-11×6.6260695×10^-34÷6.283184÷2.997924×10^8^3=1.616×10^-35m∴tpプランク時間=lp/c=1.616×10^-35÷2.997924×10^8=5.39×10^-44秒そして、その数値と?よりm= 2.17651×10^-8㎏が求められます。これを?プランク質量と言います。次に「E=mc^2」の求め方に移ります。1Jジュールは、「1キログラムの質量をもつ物体に1メートル毎秒毎秒 m/s^2 の加速度を生じさせる力で1メートル動かした時の仕事量」です。 一方、m㎏の物質Pの持つエネルギー量Eジュールは、「同じm㎏の質量をもつ物質Qにプランク時間で光速に達する最大の加速度を生じさせる万有引力でプランク距離動かした時の仕事量」です。物質Pはエネルギーを使っても、同量のエネルギーをQから受け取るので減ることはありません。しかし、Qを最小距離は動かさなければならないからです。Qは光速を越えることは出来ないので、以後Qは光速で移動し続けます。 従って、m㎏の物質の持つエネルギー量Eジュール=1Jジュール×m㎏×cm/秒光速÷tpプランク時間×lpプランク距離=1Jジュール×m㎏×cm/秒光速×lp /tpプランク距離÷プランク時間=光速=1Jジュール×m㎏×cm/秒光速×cm/秒光速=mc^2Jジュールです。これで「E=mc^2」が導かれました。詳細は、下記のホームページを参照下さい。質量がエネルギーに変換されるには核分裂とか核融合といった原子核レベルでの変化が必要です。普通扱うレベルの科学変化では無理。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です